「炭そ(炭疽)」に関する説明・解説

「炭そ(炭疽)」とは? 生物兵器の話題の中で「炭そ(炭疽)」に関する説明や解説を進めてゆきます。

炭そ(炭疽)は、皮膚の切り傷や擦り傷から炭そ菌が体内に入り込みます。虫刺されに似た,かゆい盛り上がったこぶができます。付近のリンパ節が腫れます。治療をしない皮膚炭疽の患者の20パーセントが死亡するようです。適切な抗生物質による治療を早めにすれば,死亡率を下げることができます。

サブテーマ・オンライン生活メモ

「炭そ(炭疽)」とは[説明・解説]「エボラ出血熱」とは[説明・解説]
「コレラ」とは[説明・解説]「肺ペスト」とは[説明・解説]
「痘瘡(天然痘)」とは[説明・解説]「リシン(ricin)」とは[説明・解説]
「ボツリヌス菌」とは[説明・解説]「T-2マイコトキシン」とは[説明・解説]
「ブドウ球菌」とは[説明・解説]「ベネズエラ馬脳炎」とは[説明・解説]


戻る