「ブドウ球菌」に関する説明・解説

「ブドウ球菌」とは? 生物兵器の話題の中で「ブドウ球菌」に関する説明や解説を進めてゆきます。

ブドウ球菌による食中毒は、ボツリヌス菌による食中毒と並んで、細菌による毒素型の食中毒の代表です。ブドウ球菌腸毒素Bが入った飲食物を飲食した場合には、飲食後、4-10時間の潜伏期間を経て、吐き気・嘔吐・下痢といった胃腸症状が主に出現します。

サブテーマ・オンライン生活メモ

「炭そ(炭疽)」とは[説明・解説]「エボラ出血熱」とは[説明・解説]
「コレラ」とは[説明・解説]「肺ペスト」とは[説明・解説]
「痘瘡(天然痘)」とは[説明・解説]「リシン(ricin)」とは[説明・解説]
「ボツリヌス菌」とは[説明・解説]「T-2マイコトキシン」とは[説明・解説]
「ブドウ球菌」とは[説明・解説]「ベネズエラ馬脳炎」とは[説明・解説]


戻る