「エボラ出血熱」に関する説明・解説

「エボラ出血熱」とは? 生物兵器の話題の中で「エボラ出血熱」に関する説明や解説を進めてゆきます。

エボラ出血熱およびマールブルグ出血熱(マールブルグ病)は、患者の致命率も高く、その恐ろしさは報道を通じてもよく知られています。感染後の症状としては、体重減少、消耗及び脱力、斑状丘疹、肝炎、目のブドウ膜炎、睾丸炎が起こることがあります。

サブテーマ・オンライン生活メモ

「炭そ(炭疽)」とは[説明・解説]「エボラ出血熱」とは[説明・解説]
「コレラ」とは[説明・解説]「肺ペスト」とは[説明・解説]
「痘瘡(天然痘)」とは[説明・解説]「リシン(ricin)」とは[説明・解説]
「ボツリヌス菌」とは[説明・解説]「T-2マイコトキシン」とは[説明・解説]
「ブドウ球菌」とは[説明・解説]「ベネズエラ馬脳炎」とは[説明・解説]


戻る