「T-2マイコトキシン」に関する説明・解説

「T-2マイコトキシン」とは? 生物兵器の話題の中で「T-2マイコトキシン」に関する説明や解説を進めてゆきます。

T-2マイコトキシンは、穀物に発生することのあるありふれたカビであるFusarium属のカビによって作られる毒素です。このFusarium属のカビの毒素は、死に至ることもある重症の白血球減少症を引き起こすことがあるため非常に危険です。

サブテーマ・オンライン生活メモ

「炭そ(炭疽)」とは[説明・解説]「エボラ出血熱」とは[説明・解説]
「コレラ」とは[説明・解説]「肺ペスト」とは[説明・解説]
「痘瘡(天然痘)」とは[説明・解説]「リシン(ricin)」とは[説明・解説]
「ボツリヌス菌」とは[説明・解説]「T-2マイコトキシン」とは[説明・解説]
「ブドウ球菌」とは[説明・解説]「ベネズエラ馬脳炎」とは[説明・解説]


戻る