「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」に関する説明・解説

「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」とは? 天童荒太の『家族狩り』の話題の中で「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」に関する説明や解説を進めてゆきます。

児童相談所で働く氷崎游子、幼児体験により家族というものに疑問を感じている高校教師・巣藤浚介、そして家族は崩壊し、またある母子との旅の終わりに心の疼きを感じる刑事・馬見原光毅。 ある女子高生による傷害事件によりこの3人が出会うこととなる。 氷崎游子は虐待された女の子を無理やり児童相談所に入れるが子供の父親があらぬ恨みを持つ。 高校教師・巣藤浚介は付き合っている彼女から妊娠を告げられ、家族に対しての疑念が彼を苦しめ始める。 そして刑事・馬見原光毅は精神病で入院している妻をおいて、ある事件で知り合った母子と旅行に行ってしまう… そんな時 関東近辺で、生きているうちに残虐な暴行を加え、その両親を子供が殺害し、自らも死んでしまうという事件が起こり…

サブテーマ・オンライン生活メモ

「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 後編」とは[説明・解説]


戻る