「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」に関する説明・解説

「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」とは? 天童荒太の『家族狩り』の話題の中で「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」に関する説明や解説を進めてゆきます。

精神病で入院していた馬見原の妻が退院してくることになった、が娘の真弓は馬見原のいる家に帰すことを許さない。 馬見原の息子、真弓の兄は馬見原の期待を背負いすぎ自殺同然の死を遂げたことによるものである。 そんな時 家の前に小動物の死体をおいていく事件が多発する…

サブテーマ・オンライン生活メモ

「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」とは[説明・解説]


戻る