「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」に関する説明・解説

「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」とは? 天童荒太の『家族狩り』の話題の中で「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」に関する説明や解説を進めてゆきます。

一家惨殺の現場を見てしまった高校教師・浚介はその光景を振り払おうと酒におぼれる日々を送る、が更なる痛みに出会ってしまう。 浚介の教え子・亜衣は世間に対しておかしなことを言ってしまう。 游子は保護した少女からも恨みをかい、その父親とも衝突し続けてしまう。 刑事・馬見原は一家惨殺の犯人が子供の仕業とは思えず第三者によるものと推察する。 さらに旅行に行った母子の、問題の夫が釈放されたことを知る…

サブテーマ・オンライン生活メモ

「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 後編」とは[説明・解説]


戻る