「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」に関する説明・解説

「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」とは? 天童荒太の『家族狩り』の話題の中で「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」に関する説明や解説を進めてゆきます。

馬見原の部下椎村は馬見原を慕い、後につこうとするが馬見原には拒否される。 父親がかつて馬見原をよくしり、よく働いていたのにいまとなっては病床の身となっている。 とある日、捜査に関わったとあるシロアリ駆除業者と出会う。 誰かに言ってもらいたかったことを親切に語ってくれる業者の男に彼は親しみを持つが… 

サブテーマ・オンライン生活メモ

「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」とは[説明・解説]


戻る