「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」に関する説明・解説

「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」とは? 天童荒太の『家族狩り』の話題の中で「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」に関する説明や解説を進めてゆきます。

気持ちが落ち着かない亜衣は学校に行けずに家にいる毎日。 そんな亜衣に対して両親は真剣に向き合おうとしない。 游子は電話相談をしている女性のセミナーに参加してみる。 それぞれの立場から、誤解が生じ、互いにいやな印象を持ってしまう。 浚介は亜衣を庇おうとしてテレビカメラに向かって 世の中の矛盾を訴えてしまい、職を失うことになる…

サブテーマ・オンライン生活メモ

「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」とは[説明・解説]


戻る