「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」に関する説明・解説

「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」とは? 天童荒太の『家族狩り』の話題の中で「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」に関する説明や解説を進めてゆきます。

亜衣の症状はますます両親を心配させるものとなる。 母親は必死で向き合おうとするが父親は世間体を重んじる。 そんな折、母親は悩み相談室と出会う。 浚介は若者から暴行を受け、都会に、人と一緒に住んでいられなくなり田舎の朽ち果てた家に住むことに決めた。 そこでかつて落ちこぼれだった生徒と出会う。 馬見原はその母子の夫が母子に近づきだしたことに注意を払い、また自分の家庭を顧みなくなってしまう…

サブテーマ・オンライン生活メモ

「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」とは[説明・解説]


戻る