「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」に関する説明・解説

「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」とは? 天童荒太の『家族狩り』の話題の中で「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」に関する説明や解説を進めてゆきます。

游子が保護した女の子は父親が勝手に児童相談所から連れ出されてしまう。 馬見原はシロアリ駆除業者の男と電話相談の女性が元夫婦だと知る。 その関係を調べるべく、長期休暇をとり退院した妻を連れ添って四国に出かける。 シロアリの夫婦には子供がいたが突然不良少年のようになり、争った末父親が少年を殺してしまったことを知る。 馬見原の妻は「お遍路さん」と出会いその精神に心ひかれる。 そんなとき游子は例の少女を助けるべく彼女の父親と向き合うが、逆に怒りを買い、刺されてしまう…

サブテーマ・オンライン生活メモ

「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」とは[説明・解説]


戻る