「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」に関する説明・解説

「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」とは? 天童荒太の『家族狩り』の話題の中で「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」に関する説明や解説を進めてゆきます。

游子は一命を取り留める。 浚介は自分の根底にある、家族に対する疑問を作った両親と十数年振りに再会する。 両親は変わり果てていた… 游子は電話相談室の女性に疑問を感じ、直接その息子の死の原因を突き止めてしまう。 そんな時また家庭内暴力のひどい家庭が現れ、電話相談所の女性は目をかけるようになり…

サブテーマ・オンライン生活メモ

「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第二部:遭難者の夢 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第四部:巡礼者たち 後編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 後編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第一部:幻世の祈り 前編」とは[説明・解説]
「『家族狩り』第三部:贈られた手 前編」とは[説明・解説]「『家族狩り』第五部:まだ遠い光 前編」とは[説明・解説]


戻る