「絵夢羅」に関する説明・解説

「絵夢羅」とは? 『花とゆめ』の人気漫画家の話題の中で「絵夢羅」に関する説明や解説を進めてゆきます。

絵夢羅:『道端の天使』 持ち主の言うことを忠実に聞く善・悪それぞれの使い手たちの載った本を引き継いだ少女の物語。 その本は意思を持っており、持ち主を自ら選ぶ。 彼女も意味のわからないままその本の主となったが その本を狙っているある貴族がいて、少女がどこに行っても探してその村全体をつぶしていってしまう。 そのため少女は両親とも死に別れどこにも長居することができない。 一人夜の間だけ一緒にいてくれる使い手がおり、二人で旅を続ける。 今、とある村に来てようやく長居できそうになったが追っ手が来てしまい、村は壊滅に。 それらを全て直し、再び旅に出る…

サブテーマ・オンライン生活メモ

「絵夢羅」とは[説明・解説]「椿 いづみ」とは[説明・解説]
「仲村 佳樹」とは[説明・解説]「高尾 滋」とは[説明・解説]
「樋口 橘」とは[説明・解説]「みなみ 佐智」とは[説明・解説]
「望月 ぱすた」とは[説明・解説]「此花 高見」とは[説明・解説]
「藤崎 真緒」とは[説明・解説]「南 マキ」とは[説明・解説]


戻る