「望月 ぱすた」に関する説明・解説

「望月 ぱすた」とは? 『花とゆめ』の人気漫画家の話題の中で「望月 ぱすた」に関する説明や解説を進めてゆきます。

望月 ぱすた:『宇宙の果てからこんにちは』語尾に「にゃ」をつけるにゃんこ星からやってきた目つきの悪い、はにゃりんという名のウサギのぬいぐるみ(憑依した)とその周りの人たちのお話。 当初は4コマ漫画でした。  かなり笑えます。 目が疲れたといってアイ○ンをするのですがぬいぐるみなので液体が体を通り抜けておねしょしたみたいな結果になってあせる、というシーンがかなりインパクトのある初回でした。 周りのキャラにもかなり個性があり、クックックと笑えます。 最近では はにゃりん以外のお話もあり、これもまた面白いです。

サブテーマ・オンライン生活メモ

「此花 高見」とは[説明・解説]「望月 ぱすた」とは[説明・解説]
「仲村 佳樹」とは[説明・解説]「高尾 滋」とは[説明・解説]
「南 マキ」とは[説明・解説]「みなみ 佐智」とは[説明・解説]
「椿 いづみ」とは[説明・解説]「絵夢羅」とは[説明・解説]
「藤崎 真緒」とは[説明・解説]「樋口 橘」とは[説明・解説]


戻る