「少子化」に関する説明・解説

「少子化」とは? 社会問題の話題の中で「少子化」に関する説明や解説を進めてゆきます。

女性が一生涯に出産する平均の子供数「合計特殊出生率」が、過去最低の1.29にまで落ち込んだことでいる。このまま出生率が下がり、少子高齢化が進めば、労働力人口が減り、経済や社会に大きな影響が出る。特に、年金、医療、介護などには人口要因が制度設計に深くかかわっていることから、少子化を問題視する声も増加してきている。

サブテーマ・オンライン生活メモ

「盗撮」とは[説明・解説]「覚せい剤」とは[説明・解説]
「自殺」とは[説明・解説]「バブル」とは[説明・解説]
「児童買春」とは[説明・解説]「医療ミス」とは[説明・解説]
「デフレ」とは[説明・解説]「ニセ札」とは[説明・解説]
「少子化」とは[説明・解説]「年金問題」とは[説明・解説]


戻る