「外の気温を常に気にかける」に関する説明・解説

「外の気温を常に気にかける」とは? お家でできる簡単省エネ10習慣の話題の中で「外の気温を常に気にかける」に関する説明や解説を進めてゆきます。

『外の気温を常に気にかける』暑い暑いと思っていても夕方なんかは案外涼しい風が吹いていることがあります。たまに喚起がてら窓を開けて外気をみてみましょう。冷房も思い切ってたまには止めてみるとよいでしょう。

サブテーマ・オンライン生活メモ

「冷房は28℃設定に」とは[説明・解説]「しばらく使わない電気機器はoffに」とは[説明・解説]
「人がいない部屋は消灯」とは[説明・解説]「使わない電気機器はプラグから抜く」とは[説明・解説]
「外の気温を常に気にかける」とは[説明・解説]「アイドリングに注意」とは[説明・解説]
「風の流れに気をつける」とは[説明・解説]「省エネ運転できるものは省エネ運転に」とは[説明・解説]
「電気機器は省電力モードに」とは[説明・解説]「組織としての省エネ運動へ」とは[説明・解説]


戻る