「省エネ運転できるものは省エネ運転に」に関する説明・解説

「省エネ運転できるものは省エネ運転に」とは? お家でできる簡単省エネ10習慣の話題の中で「省エネ運転できるものは省エネ運転に」に関する説明や解説を進めてゆきます。

『省エネ運転できるものは省エネ運転に』洗濯もできるだけまとめ洗いするようにするとよいでしょう。定格容量以下であればまとめて洗ったほうが水も電気も節約することができます。トイレも旅行するときには電源を切ったり、放熱を防ぐためにも便座は必ずおろしましょう。

サブテーマ・オンライン生活メモ

「使わない電気機器はプラグから抜く」とは[説明・解説]「組織としての省エネ運動へ」とは[説明・解説]
「人がいない部屋は消灯」とは[説明・解説]「外の気温を常に気にかける」とは[説明・解説]
「風の流れに気をつける」とは[説明・解説]「アイドリングに注意」とは[説明・解説]
「しばらく使わない電気機器はoffに」とは[説明・解説]「冷房は28℃設定に」とは[説明・解説]
「電気機器は省電力モードに」とは[説明・解説]「省エネ運転できるものは省エネ運転に」とは[説明・解説]


戻る